こんにちは! NPO法人らしーくです。

伊丹市民オンブード に縁があるメンバーが集まり、兵庫県伊丹市で2013年からNPO法人として活動しています。「だれもが自分らしく暮らせる社会」というミッションに基づき、講座・イベントの開催や、ご依頼に応じた出前セミナー(講師派遣)も行っていまので、お気軽にお声掛けください。==>連絡先はこちらです。

★私たちの思い★

伊丹市内外の子どもから高齢者まで、すべての人が自分らしく生きることができるよう、男女共同参画の視点に基づく各種の活動を行うことにより、自信と安心と笑顔に満ちた活き活きとした地域づくりに寄与することを目的としています。

◆情報発信2019年10月

ニューズレター「あ・な・た・らしーく」vol.13を発行しました。
巻頭メッセージは、伊丹市立有岡小学校 校長の春名潤一さん。
大人が生きがいや学びについて子どもたちに語りかけることの大切さを、述べておられます。
伊丹市内の公共施設に設置していますので、ぜひご覧下さい。

最新版は伊丹市内の公共施設に設置していますので、ぜひご覧下さい。

ご希望の方は、らしーくまでメールでご連絡下さい。
 また、下の「ダウンロード」をクリックするとご覧になれます。全4ページです。

 

vol13 2019.10 外面P1P4.pdf
PDFファイル 454.5 KB
vol13 2019.10 中面P2P3.pdf
PDFファイル 538.4 KB

◆講座・イベント2019年10月12日

【10月12日(土)らしーくカフェ中止】
11時からいきいきプラザで
開催を予定しておりました「らしーくカフェは」
警報発令のため中止致しました。

 

次回は、2019年11月9日(土)11時~。
場所は、アイ愛センターで開催します。(いきいきプラザが工事中のため)
テーマは「昔の歌謡曲、今の歌謡曲」。ご都合が合えば、どうぞいらしてください。

◆講師派遣など 2019年10月5日(土)

中央公民館で開催された「いたみ環境&リサイクルフェア2019」の司会を、らしーくが担当させていただきました。
市民団体、事業者、行政が一緒になり、地球環境保全の啓発を図るイベントは、楽しくて勉強になります。
舞台では、ダブルダッチや科学実験パフォーマンスもあり、たくさんの来館者で賑わっていました。
ご準備を進めてこられた皆さん、大変お疲れ様でした。

◆講座・イベント 2019年11月16日13:30~15:30

「人生が豊かになる パパの家事育児 ~家庭にマネジメントの視点を~」を伊丹のラスタホールで開催します。
講師は、元お笑い芸人で、尼崎市職員の江上昇さんです。
データに基づき、楽しい話術で、ちょっとドキっとする話も。
保育付き、子どもさん同伴もOKです。
もちろん、子育て中でない方のご参加も大歓迎です。

★託児付きです(要予約)、子供同伴の受講も可。

 

申し込み:ラスタホールにて 来館・電話・メールにて受付 

電話:072-781-8877 

メール:lustrehall-itami@hcc1.bai.ne.jp  

講座名・住所・氏名・電話番号を明記してください。数日内に返信いたします。3日以内にメール返信がない場合お電話でお問い合わせください。

「人生が豊かになる パパの家事育児 ~家庭にマネジメントの視点を~」チラシはこちらをクリックして開いてください。
パパの家事育児.pdf
PDFファイル 215.0 KB

◆講座・イベント2019年9月14日

9月14日の第42回「らしーくカフェ」は、11名の方にご参加いただきました。
今回の話題は「若い女性は専業主婦志向?」
「私は仕事を頑張りすぎて、マイナスのイメージを送っていたかも」「能力があるのに、社会に活かさないのはもったいない」「外で働く方が大変か、主婦業の方が大変か、感じ方は人それぞれ」「『労働』は苦しいけれど『はたらく』には美しいイメージがある」などの意見が出ました。
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。
次回は2019年10月12日(土)で、話題は「新男女共同参画センターに期待すること」。
伊丹市広畑3丁目の「いきいきプラザ」で開催します。ぜひご一緒に。

◆情報発信 2019年9月 

「いたみん」の「男と女のおかしな!?ハナシ」、9月のテーマは『男性も本心では取りたい育児休業』

男性の育休は、家庭はもちろん、会社にもメリットだと考えている企業も出てきています。

本文はこちらをご覧ください⇒https://itami-city.jp/mp/okashina_hanashi_hyogo/?sid=68146

◆研究・調査 2019年8月24日(土)

伊丹市立伊丹小学校で開催された「いたみ教育フェスティバル」のジェンダー平等分科会で、地域リポーターとして発表させていただきました。

テーマは「理系分野に対する意識の男女差はどこから来るのか〜意識調査と、講座による意識差軽減の試み。荒牧中学校の事例より〜」
11月の県教研にも選出され発表してきます。

◆講座・イベント2019年8月10日

8月10日の第41回「らしーくカフェ」は、10名の方にご参加いただきました。
今回の話題は「男性の育休取得、みんなのホンネ」
「育休に対する考え方は、年代で違う」
「独身男性では、多くが将来育休を取りたいと思っている」
「育休割合の高さをウリにしている会社が増えている」
「育休以前に男性はもっと家事育児に参加するべき」
などの意見が出ました。
いろいろな視点を聞くことでき、豊かな時間になりました。
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。
次回は2019年9月14日(土)で、話題は「若い女性は専業主婦志向?」。
伊丹市広畑3丁目の「いきいきプラザ」で開催します。
ぜひご一緒に。

◆講座・イベント2019年7月13日

7月13日の第40回「らしーくカフェ」は、7名の方にご参加いただきました。
今回の話題は「わたし、定時で帰りたい。」
「定時で帰りたい人は帰れる、ガンガン働きたい人は働ける社会になるといいな」
「ワーカーホリック(仕事中毒)には歯止めが必要かも」
「残業するな、でも仕事の仕組みも仕事量も変えない。という職場もある。 働き方改革でなく、働かせ方改革が必要では」「工夫して残業を減らしたら表彰してくれる職場もある」などの意見が出ました。
穏やかな雰囲気で、いろいろな視点を意見を聞くことでき、視野が広がるひと時でした。
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。
次回は2019年8月10日(土)で、話題は「男性の育休取得、みんなのホンネ」。
伊丹市広畑3丁目の「いきいきプラザ」で開催します。
ぜひご一緒に。

◆情報発信 2019年7月 

「いたみん」の「男と女のおかしな!?ハナシ」、7月のテーマは『#KuToo 靴の苦痛なルールは、誰が決めた?』
理不尽、不合理な決まり、規制、強要は、まだまだ多いのです。

本文はこちらをご覧ください⇒https://itami-city.jp/mp/okashina_hanashi_hyogo/?sid=67692

講座・イベント 2019年6月29日

【気になる本で話そう
『友だち幻想』人と人の〈つながり〉を考える 菅野仁著】
伊丹市立図書館 ことば蔵で開催。10人の方々と「友だち」について、フリートークをしました。
「会社にはルールがあるが、ご近所づきあいや友人関係には明確なルールがないので、付き合い方が分からない」
「人間関係はストレスかも知れないけれど、人と関わらないと生きていけない」
「狭い世界だけじゃなく、いろんな場所を持つことで『自分らしく』生きることができる」などなど。
「友だち」というテーマがしゃべりやすかったのか、
様々な角度の話が飛び出しました。
 ご参加の皆さん、ありがとうございました。

◆講師派遣 2019年6月

宝塚市からの依頼で、職員研修「男女共同参画の視点から表現を考える」を担当してきました。参加者は、男女共同参画推進リーダー等の方々約70人。
・どんな言葉に違和感がある?
・ポスターを見て何が問題と思う?
・実際にイラストを描くとしたら?
などを、グループで考えていただきました。
研修等、お声かけいただければ、どこへでも伺います。一人ひとりが、自分らしくいられるように、一緒に考えましょう。

◆講師派遣 のご案内

らしーくでは、講師派遣もおこなっています。

詳しくは下のチラシをダウンロードしてご覧ください。

講師派遣のご案内チラシ
61328392_2449933415026364_63931354380175
PNGファイル 301.3 KB

◆講師派遣 2019年6月
丹波市社会福祉協議会様のご依頼により、

丹波市の社会福祉センター3ヵ所で、「コミュニケーション力を高めよう!!」の講座を、ワークをふんだんに取り入れて実施してきました。
「何をすればよいか、具体的で分かりやすかった」というお声を多数いただき、嬉しい限り。
ご参加いただき、ありがとうございました。

 

丹波市社会福祉協議会様「コミュニケーション力を高めよう!!」のチラシ
62038511_2449928518360187_85241785696837
JPEGファイル 140.7 KB

◆講座・イベント2019年6月8日

6月8日の第39回「らしーくカフェ」は、18名の方にご参加いただきました。
今回の話題は「定年後の毎日をどう過ごす?」。
「定年後には人と人とのつながり、人脈が大切」
「嫌われるタイプは、元◯◯をやっていたと、昔のことをいつまでも話題にする人」
「豊かな生き残り方法は、自分をオープンにして色々な人と関わっていくこと」「何もしないことも大切なのかも」などの意見が出ました。...
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。
次回は7月13日(土)で、話題は「わたし、定時で帰りたい」。
昆陽池2丁目の「アイ愛センター」で開催します。(※今回はいつもとは会場が異なりますのでご注意下さい。)
ぜひご一緒に。

◆講師派遣 2019年5月21日

大阪樟蔭女子大学の「生活設計論」の授業2クラスを担当してきました。
学生さんからは、「自分を認めることの大切さを感じた」「プラスの言葉の力と前向きに生きることの意義を知った」「授業に参加してよかった」などの感想をいただきました。
ライフプランニング学科の神田恵未先生、大変お世話になりました。

講座・イベント 2019年6月29日

【気になる本で話そう
『友だち幻想』人と人の〈つながり〉を考える 菅野仁著】
《日時》2019年6月29日(土)14時~
《場所》伊丹市立図書館 ことば蔵
《参加》無料・申し込み不要...
《問い合わせ》ことば蔵 TEL(072)784-8170
友だち、家族、職場関係、ママ友、パパ友といった自分以外の「他者」とのつながりに息苦しさを感じるのはなぜか?みんな一緒とは?自分らしくとは? などなど・・・参加された皆さんと気軽に話をしましょう。
※本を読んでいらっしゃらなくても参加できます。

◆講座・イベント2019年5月11日

5月11日の第38回「らしーくカフェ」は、10名の方にご参加いただきました。
今回の話題は「伊丹市議選井戸端会議」。
「議員定数28人中、女性が3人増えて10人になり、年齢も若くなった」「ボランティア活動などで活躍しているのは女性が多いので、市議にも女性が増えたのは良いことだと思う」「投票率はもっと上がって欲しい」などの意見が出ました。
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。
次回は6月8日(土)で、話題は「定年後の毎日をどう過ごす?」。...
伊丹市広畑3丁目1の「いきいきプラザ」で開催します。
ぜひご一緒に!

◆情報発信 2019年5月 

「いたみん」の「男と女のおかしな!?ハナシ」、
5月のテーマは
『どっちを選ぶ?制服のスカートとスラックス』
キーワードは「多様性」「選択の自由」です。

本文はこちらをご覧ください⇒https://itami-city.jp/mp/okashina_hanashi_hyogo/?sid=67178

◆活動へのご支援 2019年5月

【イオン昆陽・黄色いレシートキャンペーン贈呈式に出席】
毎月11日に、イオン伊丹昆陽店で実施されている
黄色いレシートキャンペーンに、らしーくも参加しています。
4月20日の贈呈式には、らしーくも出席してきました。
お買い物の際には、ぜひらしーくのボックスに、レシートをご投函頂き、ご支援ください。

 

◆組織支援 2019年4月

【男女の表現について いっしょに考えてみませんか】

宝塚市は今年3月、男女共同参画の視点に立った表現ガイドラインとイラスト集を作成しました。
イラストは、らしーくメンバーの林やよいです。
地域でチラシやパンフレットを作成するときに、ぜひご活用ください。

...

利用は無償ですが、宝塚市人権男女共同参画課に連絡するなど規約があります。
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/…/…/450/illustarion1.pdf
また、ガイドラインの内容は、男女共同参画を理解する上でとても参考になります。
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/…/001/000/450/guideline…

◆お問い合わせ
宝塚市総務部人権平和室 人権男女共同参画課
電話 0797-77-9100(直通)
メールアドレス m-takarazuka0018@city.takarazuka.lg.jp

◆講座・イベント2019年4月13日

4月13日の第37回「らしーくカフェ」は、新しい方も含め、8名の方にご参加いただきました。
今回の話題は「男性の地域参加について」。
「会社時代の肩書きを捨て、上手く地域参加できる人は、豊かな人生を歩めているように思う」「何かあった時に、地域の方の助けは大きかった」「会社時代のしがらみから離れ、大学に行ったり、船旅をしたり、新しい友達を増やしていった」「肩書きのない、趣味などを記載した、楽しい名刺を作ってみては?」などの意見が出ました。
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。
次回は5月11日(土)で、話題は「伊丹市議選井戸端会議」。...
伊丹市広畑3丁目1の「いきいきプラザ」で開催します。
ぜひご一緒に!

◆情報発信2019年4月

ニューズレター「あ・な・た・らしーく」vol.12を発行しました。
巻頭メッセージは、大阪大学名誉教授で、「ことば学」をご専門とされている沖田 知子さんです

最新版は伊丹市内の公共施設に設置していますので、ぜひご覧下さい。
 下の「ダウンロード」をクリックするとご覧になれます。全4ページです。

らしーくニューズレターvol.12 p1、p4
vol12 2019.4 1-4.pdf
PDFファイル 367.9 KB
らしーくニューズレターvol.12 p2、p3
vol12 2019.4 2-3.pdf
PDFファイル 555.2 KB

◆講師派遣 2019年4月~
公民館の「0歳児ママ(時々パパ)のワイワイトーク」
4月にスタート。
 今年も、らしーくがコーディネーターを担当します。
お知り合いの、ママ、パパにお声掛けください。

チラシはこちらをクリックしてご覧ください
0歳児ママワイワイトーク.jpg
JPEGファイル 129.5 KB

◆研究/調査 2019年3月

「理系進路の魅力を伝えるキャリア教育授業による生徒の意識変化」の調査結果をまとめました。昨年度の引き続き、2年連続の調査です。

 

2018年12月に荒牧中学校中学2年生約200名を対象に行った、理系進路の魅力を伝えるキャリア教育授業「大阪大学が荒中にやってくる!」により、生徒の意識変化がどのように起こったかを調査したものです。昨年度に引き続き2年連続の調査となります。

◆講座・イベント2019年3月9日

3月9日の第36回「らしーくカフェ」は、新しい方も含め、10名の方にご参加いただきました。
今回の話題は「服装と男女共同参画」。
新しい方にもご参加いただきました。
「生物学的に見れば、男性の身体の方がスカートに向いている」「制服を着てからチカンにあうようになった話も聞く。学校の制服も、全部選択性になって欲しい」「服装がプレッシャーを与えている部分があるが、個性の表現になれば理想」などの意見が出ました。
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、...
答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。
次回は4月13日(土)で、話題は「男性の地域参加について」。
伊丹市広畑3丁目1の「いきいきプラザ」で開催します。
ぜひご一緒に!

◆情報発信 

「いたみん」の「男と女のおかしな!?ハナシ」 3月のテーマは
『高校入試に男女別定員って必要?』
 願書にも性別記載欄を無くす流れが始まっています。

 

本文はこちらをご覧ください⇒https://itami-city.jp/mp/okashina_hanashi_hyogo/?sid=66715

◆組織支援 2019年3月3日

伊丹市立女性・児童センターで「第12回 国際女性デーin伊丹 いたみミモザの日」が行われ、らしーくメンバーが総合司会を担当しました。
 基調講演は、関西女性初の水先人として活躍されている、川島慧子さんでした。

◆講師派遣 2019年2月13日

本日の「まちプラ市民活動交流会」では
 らしーくの「発信力」について理事の片山が報告、
 後半では質問に答えました。
 約30名の参加者が交流を深めた素敵な会でした!

◆講師派遣 2019年2月13日

「まちプラ市民活動交流会」

2月13日(水)14:00〜スワンホール

伊丹市立市民まちづくりプラザ主催の講座。

伊丹市内に拠点を持って市民活動を行う3団体が、「実行力」「発信力」「コラボ力」について語ります。

質問や意見交換などの交流タイムもあり。
 3人のパネリストのうちの1人として、らしーく理事が登壇します。

 

○お問合わせ・お申し込み○
伊丹市立 市民まちづくりプラザ
TEL:072-780-1234
E-mail:icm-puraza@hcc6.bai.ne.jp 

交流会の詳細はこのチラシをご覧ください
190213_市民活動交流会チラシ.pdf
PDFファイル 645.8 KB

◆講座・イベント2019年2月9日

2月9日の第35回「らしーくカフェ」は、11名の方にご参加いただきました。
 今回の話題は「政治と男女共同参画」。
 議員インターンシップの大学生4人も参加されました。
 最初に、女性の政治の日本の順位(157位💦)などの基礎知識を桜井議員にお話してもらい、フリートークに。
 「学生は男女に不平等感がない」「リーダーは男性、女性はサブ、というイメージがある」「政治も男女共同参画も、実は生活に密着している大事な問題」などの意見が出ました。
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、
 答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。
 次回は3月9日(土)で、話題は「服装と男女共同参画」。
 伊丹市広畑3丁目1の「いきいきプラザ」で開催します。
ぜひご一緒に!

◆講座・イベント2019年2月3日

【昭和の歌でカラダもココロもいきいき元気に
  ~歌詞から感じる男心・女心~】

「歌は世につれ世は歌につれ」「歌は時代を映す鏡」と言われます。あの頃、何気なく口ずさんでいた懐かしの昭和のあの歌この歌。...
今回は、昭和に流行った歌の「歌詞」を、じっくり読み解きながら、皆さんと一緒に、聴いたり、歌ったり、体を動かしたりします。さて、あの時代の「歌詞」から、今のあなたは何を感じるでしょう?

日時:2019年2月3日(日) 13:30~15:00
場所:伊丹市立女性・児童センター 講習室
講師:歌&体操指導 Yukko 
 2人組ユニット「ビタミンタイム」
 大人の美と健康のためのビューティストレッチ「coolsteps!」主宰、 子どもリトミック教室「リズムランド」主宰、 ゴスペルグループ「SoulPowers」所属、 秋元康作詞「お好み焼きファンキーソウル」でCDデビュー
申込・お問合せ:伊丹市立女性・児童センター 伊丹市御願塚6-1-1 
  ℡072-772-1078(休館日:火曜日・祝日)
  メールからのメールからのお申込み salon@itami-danjo.jp
保育:1歳6ヶ月~就学前 定員6名※要予約(1週間前まで)350円/1人

講座の詳細はこのチラシをご覧ください。
昭和の歌チラシ.jpg
JPEGファイル 125.3 KB

◆講座・イベント2019年1月12日

第34回「らしーくカフェ」は、11名の方にご参加いただきました。
今回の話題は 「祭りと男女共同参画」。

 「神輿を、本家の長男しか担げない地域がある」「お祭りになると、男は座って酒を飲み女は給仕」という話から、「西宮神社の福男選びには女性も参加できるので『福人』と呼べば良いのに」「子ども相撲も、性別で挑戦できるチャンスを奪わないで欲しい」などの意見が出ました。
「らしーくカフェ」は「どの人の意見にも耳を傾け、
答えを無理に出さない」スタイルで、毎月開催しています。...
次回は2月9日(土)で、話題は「政治と男女共同参画」。
伊丹市広畑3丁目1の「いきいきプラザ」で開催します。
ぜひご一緒に!

◆情報発信 「いたみん」の「男と女のおかしな!?ハナシ」 1月のテーマは

『避難所に「男女共同参画の視点」?』
 女性の身を守る対策は、つまり命を守るための対策
なのです。

 

本文はこちらをご覧ください⇒クリック
 
http://itami-city.jp/mp/okashina_hanashi_hyogo/?sid=66158

◆研究・調査 2018年12月

理系進路に対する意識調査2018

~中学2年生にみられる男女の意識差~

2017年に引き続き、2018年も伊丹市立荒牧中学校2年生男女約200名に対して行った調査を行いました。

 

 

【1】理系進路の魅力を伝える授業を行う前の理系進路に対する意識調査結果⇒「理系の進路を選択しようと思う」、「科学技術を必要とする職業につきたい」とも、女子は男子より20%以上低い。中2ににして、早くもかなりの男女の意識差があります。

【2】授業による生徒の意識変化調査⇒理系進路選択希望が22%増え(38.1%→59.8%)、理系職業選択希望が15%増えた(23.3%→38.6%)。授業の効果を確認することができました。

 

要点はこちらをクリックしてご覧ください。
【要点】理系進路に対する意識調査2018.pdf
PDFファイル 278.3 KB

◆講座・イベント2018年12月14日

伊丹市立荒牧中学校の体育館で、 2年生全員(約200名)に向けて6限目の授業で、 「大阪大学が荒中にやってくる!」 理系の進路は楽しい!?その魅力を知る を実施しました。

昨年に引き続き2度目です。

キャリア教育の一つとして、子どもたちが進路選択の幅を広げることを目的に、大学の先生、社会人、大学生が理系進路の魅力について語り、質疑応答を行いました。

先生方、荒中の皆様、大変お世話になりました。
授業の効果を確認するため、現在アンケート結果を分析中です。⇒分析結果は「研究・調査」の画面に掲載しましたのでご覧ください。

らしーくのフェイスブック

 

 https://www.facebook.com/nporasiku

★私たちの思い★

伊丹市内外の子どもから高齢者まで、すべての人が自分らしく生きることができるよう、男女共同参画の視点に基づく各種の活動を行うことにより、自信と安心と笑顔に満ちた活き活きとした地域づくりに寄与することを目的としています。